給料が絶対的に増えるわけではない

ヘッドハンティングされた人間というのは、給料が増えると考えられがちですが、勿論それもあるかもしれませんが、それは重要な事ではありません。
ヘッドハンティングされたからといって、給料が必ずしも増えるとは限りません。

そもそもヘッドハンティングと言うのは、企業側が何かしらのプロジェクトを始めるために、そのプロジェクトに必要な人材を発掘するための作業だからです。
海外であれば、エンジニアなどのヘッドハンティングは有名で、給料の増大も考えられますが、給料だけを考えるのであれば、別の仕事をするという道もありますので、それだけ重要な事ではないのです。

重要なのは、会社が変わっても、しっかり仕事ができるのかや、そのプロジェクトに対してやる気を見いだせるかという部分です。その部分を考えず、目先のことだけに飛びついてしまうと、その後活動していくのにとても大変なことになりますし、そもそもそういった考えの人間であれば、ヘッドハンティングは絶望的だと思います。

しっかりと自分の考えている条件と、相手が提示した条件が合うかや、その仕事を全うできる自信がないのであれば、安易に引き受けるべきではないのです。
ヘッドハンティングだからこそ、慎重に事を運ぶ必要があるのです。

ヘッドハンティング=いい話ということではないという自覚を今からしておく必要があります。
勿論、ヘッドハンティングされるというのは、それだけ実力が認められているということなので、その部分は自身を持っていいでしょう。
それに慢心せずに、きちんと仕事をこなしていれば、新しい道も必ず見えてくるからです。
ヘッドハンティング以外にも、道は色々ありますので、ヘッドハンティングだけが全てではないということだけを分かっておいてください。